記事リスト

バイオマス発電との違い

バイオエネルギー

何を燃やして発電するか

火力発電などでは、石油や天然ガスなどの化石燃料を用いて行います。地球上にある資源を燃焼して水蒸気を作り、それによってタービンを回して発電をします。燃料のためのコストであったり、燃焼による二酸化炭素の排出などの問題があるとされ、新たな発電方法がいろいろ検討されています。その中にバイオマス発電とバイオガス発電があります。バイオマス発電は認知度も高く、どんな仕組みかも知られているようですが、バイオガス発電も同じものと考えている人がいます。バイオマス発電は、動物の糞尿や食品廃棄物などを直接燃焼し、その時に発生する蒸気でタービンを回して発電をします。本来廃棄するものを燃料代わりにすることで、資源の有効活用につながるとされています。ただし自然にあるものをそのまま使うので、これまでの発電装置などにはそのまま使えません。専用の発電装置が必要になり、設置までにそれなりにコストがかかります。バイオガス発電は名称はよく似ていますが、何を燃焼するかが異なります。バイオガス発電では、動物の糞尿や食品廃棄物などを発酵させ、その時に発生したガスを利用してします。燃焼によって得られた水蒸気でタービンを回します。発電装置に直接動物の糞尿などを投入するのではなく、発酵などで得たメタンガスを用います。これまでの火力発電の仕組みがあれば、そのまま使うことができます。糞尿などからメタンガスを作ったときに残りかすが発生しますが、それは肥料などとして二次利用できるメリットがあります。

Copyright© 2018 電力自由化を利用して節電!その他の費用も安くなる業者を利用 All Rights Reserved.