記事リスト

電球

新電力への切り替え方法

一般家庭向けの電力自由化がスタートし、新たに新電力事業に参入する事業会社が増えています。サービス内容も多岐に渡り、新電力へ切り替える上で、どのサービスがメリットがあるか分からない場合は、下準備の時点で、サービス内容を比較検討するだけの情報収集を行うことと、電気代の見積もりをとることがポイントです。

詳しく見る

バイオエネルギー

バイオマス発電との違い

バイオガス発電は、動物の糞尿などを発酵してメタンガスを作り、それを燃焼して発電する仕組みです。同じ動物の糞尿などを使うバイオマス発電に比べるとコストが安めです。ガス発生時の残りかすが肥料に使えるなどのメリットがあります。

詳しく見る

女の人

安い値段で電力の購入可能

電力自由化により電気を買い取る事業者をユーザー側が自由自在に選定できるようになりました。電力自由化により電力の購入先を望み通りに選定することができるため、電気料金の値下げや付加サービスなど数多くのメリットを享受できます。

詳しく見る

コンセント

電量不足の問題を解消

電力自由化の本当の目的は、事業者同士の競争を活発化させることです。各々の地域の電力会社が独占して供してきた電力が自由化されることで競争原理が機能し、ユーザーは料金の低下やサービス向上が望めます。 また、震災時の対応にもプラスに働きます。

詳しく見る

バイオエネルギー

有機ゴミを電力に換える

バイオガス発電は、廃材や食品廃棄物などの有機ゴミをタンク内で発酵させ、発生したガスを燃焼させることで電力を得る発電システムです。個人農家や工場などにも比較的簡単に設置することができます。ゴミの処分費用を節減し、売電による収入が得られるという利点があります。

詳しく見る

電気料金が安くなるか

コンセント

複数サービスを考慮

生活の中で欠かせないエネルギーとして電気があります。コンセントから供給されるようになっているので、使い時に簡単に使えます。ではこの電気がどこから供給されるかですが、かつては地域ごとに供給される会社が決まっていました。しかし、電力自由化によって利用できる電力会社を選べるようになりました。電力自由化によって電力会社を変更したからと言って、これまでの設備を変更しないといけないわけではありません。今まで通り利用できます。電力自由化と聞くと、電気供給そのものを別の会社から得るイメージがありますが、実際はこれまで受けていた電力会社の設備をそのまま利用します。電気の供給だけに関してみると、変更したとしても特に何も変わりません。では電力自由化で電力会社を変える意味はあるかですが、電気料金が安くなる可能性があります。それぞれの地域で参入する会社が異なりますが、それぞれで色々なプランを出しています。自宅の電気の使い方で最も安くなるところを選ぶといいでしょう。ガス会社などが新たに電力を提供する会社として参入するケースが多いです。この時、ガスと電気を同じ会社から受けると、トータル料金が割安になることもあります。電力会社だけで見るとある会社が最も安いが、いろいろなサービスを加味すると別の会社を利用した方が割安になるときがあります。選び方としては安くなる業者の選択になるでしょうが、電気代だけでなくその他の費用も安くなる業者を利用しましょう。携帯電話会社であれば、携帯電話の料金がお得になるなどもあります。

Copyright© 2018 電力自由化を利用して節電!その他の費用も安くなる業者を利用 All Rights Reserved.